北部のサトウキビ畑 2021/10/1


--春に植えられたサトウキビは着々と育ち、奄美大島北部に広がるサトウキビ畑は青々としています。このところ雨が降っていないからか、放水するシーンも見かけます。台風が絡むと波が弾けて潮風も濃くなるので、塩害を軽減するために放水されることもあります。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。