風と島と海 2021/8/13


--強い南風がビュンビュン吹いて、世界自然遺産の島も何て書いてあるかわからなくなるほどはためいていました。南島に面した島の太平洋側は風波で荒れています。風と島と波の関係は面白いもので、風の裏側に当たる島の東シナ海側は凪のように穏やかさ。同じ日の同じ時間でも、風と海岸の向きで海の表情は違います。特に奄美大島北部は、太平洋側から東シナ海側の海岸へ移動するのに車で数分の世界なので、リアルタイムに風向きが海に与える影響を味わえます。今日は久しぶりに海で泳ぎました。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。