光を集めて浮かび上がる世界 2021/7/30


--夜間パトロールの登板で集落を回っていると、まあいつも何も無いのですが、星がとてもキレイでした。今夜は特にクッキリしていて、天の川もいつもよりよく見えたので、子供達を誘ってちょっと海辺まで行ってみました。車で3分。道路沿いから見る海と星。ちょっと見たら子供達は満足したので、いったん帰宅してカメラと三脚を持って改めて出かけました。ちゃんと星を撮りに。今時はiPhoneの手持ち10秒露光でもAIがブレを補正しつつ天の川を写し撮ってくれます。とても凄いことです。ですが、三脚に一眼レフをセットして明るい単焦点レンズで丁寧に撮る星空はやっぱりとても美しいのです。人の目を超える光を一枚の写真に集めると、少し強めな波音を立てていた今夜の海の姿が、星空の下に浮かび上がってきました。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。