湯湾岳登山道(大和) / 鹿児島県大島郡大和村
 photo & text by RyoBeppu / www.amamicco.net

湯湾岳は、島一番の高い山。奄美一高い山だけに奄美岳とも呼ばれたりしまう。湯湾岳山頂へ向かうルートは二つ。ひとつは宇検村の湯湾岳展望台からと、もう一つは大和村のフォレストポリス近くから。山頂へは宇検側から1時間半、大和側はボードウォークで頂上付近の登山道に合流する形で15分ほどです。山頂と言っても森林限界を超えないので、ずっと木に囲まれていて見晴らしは望めません。ちなみに以前は展望ヤグラがありました。

そんな湯湾岳の魅力は、植物を観察しながら歩く登山道。山頂までびっしり茂った木々の中を歩く際、目線を落として足元の植物に目を向けてみたい。とても小さいので見逃しやすいですが春にはヤクシマスミレやアマミフユイチゴの花も咲きます。ちなみに湯湾岳は天然記念物(世界自然遺産候補地でもあります)。採取は厳禁。湯湾岳の植物は湯湾岳にあってこそ輝くもの。季節ごとの植物の彩りを、ぜひ足を運んで楽しんでください。軽装でも登れちゃう湯湾岳なだけに登山の際はハブにもご注意を。

また奄美一高い湯湾岳は冬にマレに雪が降ることもあります。2016年1月24日に100年ぶりの降雪が奄美に記録されましたが、その時は平地にも雪が降りました。その際、湯湾岳の山頂付近は降りしきる雪に包まれていました。ちなみに私が湯湾岳山頂付近で初めて雪を撮影したのは2005年3月5日です。測候所がある平地では降ってないので降雪の記録にはなりませんでしたが、奄美に降る雪をとらえた初めての写真となりました。

登山道入口に駐車場あり。一番近いトイレはフォレストポリスです。

<< Photo Amami/奄美写真へもどる