住用(すみよう)の東仲間近く、旧道「三太郎峠」へと名瀬側から登り始めたところにモダマの森がある。看板が立っているので場所はわかりやすい。道路沿いの木々を覗き込むとクネクネした枝が見えるが、それがモダマのツルである。そして時期があえばジャックの豆のような大きな房に出会える。道路から見上げる山もモダマだらけで、山肌にモダマの房が見えることもある。下には川が流れており、木々の下を抜けると小さな泉もある。モダマの泉に行く時は、足下も頭上の枝もハブには十分注意しよう。

 <--奄美大島探検マップへもどる