大和村(やまとそん)を走る東シナ海のワインディングロードには展望スポットが多い。峠道の中でも大金久(おおがねく)集落と戸円(とえん)集落を結ぶ道沿いは、展望スポットが年々増えている。今回新たに出来たのがこの「大金久ふれあいパーク」。峠道の頂上にあたる嶺山公園より先には展望スポットはいくつもあったのだが、嶺山公園の手前に出来たのは初めてだ。奄美大島の北も南も見晴らせる嶺山公園を境にして、戸円側は南側の島影と東シナ海が見える。そしてここ大金久側の「大金久ふれあいパーク」からは奄美大島の北側の島影と東シナ海を一望することができる。少しだけど駐車可能(混むことは無いでしょう)。トイレは峠を登った先の嶺山公園か、大金久集落の海辺の公園にもあります。

 <--奄美大島探検マップへもどる