用岬(ようみさき)は奄美最北端の岬。笠利崎(かさりざき)とも言う。用(よう)集落を抜け笠利崎灯台に向かうルートに入ると、スーッと真っ直ぐ延びる直線道路が現れる。右側は林で見えないが、ずーっと海岸線だ。所々に海へつながる小道があるので、そこから海へ入っていける。見晴らしがいいのは真ん中付近の小道。海岸線はとても長いので勝手にロングビーチなんて呼んでみた。正式名称は用岬海岸とか言うのかな。

 海水浴場じゃないのでトイレやシャワーなどはもちろん無い。それと岬が近いので流れがとても速い。横に横にグングン流される。リーフで囲まれているけど油断は禁物。泳ぐ時は気をつけて。流された時は流れに逆らっても体力を消耗するだけなので、流れに乗りながら海岸に戻ろう。ちなみに流れに逆らえば定位置で水泳の練習ができるほどの流れだよ。

>>夏の用岬へ >>円周魚眼で広々ビュー

 <--奄美大島探検マップへもどる