奄美北部、奄美市笠利町の中心地である赤木名(あかきな)。笠利湾の中にある赤木名からは、今井崎と蒲生崎の間にしか水平線が見えないが、夏の間はここに夕日が沈んでいく。夕日は赤木名の海岸線に出ると蒲生崎までの道路沿いのいたるところから見ることができる。道路脇のスペースを見つけて車を止められれば、そこが夕日スポット。なので実に気軽だ。また道路を移動することで夕日が沈む位置も変わるので、赤木名立神や今井崎灯台とからめて夕日を見るのも調整可能。しかも水平線がクリアな日には、夕日の最後が緑色に輝くグリーンフラッシュだって見れちゃうかも。

>>円周魚眼で広々ビュー

 <--奄美大島探検マップへもどる