名瀬湾に浮かぶ小さな島、名瀬立神(なぜたちがみ)。名瀬湾の至る所からその姿を見ることができる。自然信仰の象徴としての立神だが、今は名瀬湾のシンボル的な存在に思える。名瀬立神は見る方向によって姿がちょっと変わる。山羊島や大熊など湾の右側から見ると幅広で、おがみ山や名瀬市街地など正面から見ると細身。最も近くで見られるのは奄美文化センターの奥の浜からだけど、そこからの形はまた全然違う。名瀬湾で写真を撮っていると、画面の中で存在感を感じさせる島である。

 <--奄美大島探検マップへもどる