横当島(よこあてじま)は、奄美より北に位置するトカラ列島の島。トカラ列島は屋久島と種子島から奄美の間に連なる島々で、その中で一番南にあるのが横当島だ。奄美の西海岸からは、天気がいい日に東シナ海の水平線上に横当島の島影が見える。大小二つの山が連なった横当島だが、奄美の低地からは大きい方しか見えず、高台に行くと左側に小さい方も見える。もっと天気がいいと横当島の右手に小さな島影が更に見え、それは上ノ根島(かんのねじま)である。

 上下の写真はどちらも奄美最北端の笠利崎灯台にて撮影。上は8月22日。下は7月15日。夕日が沈む位置は奄美を北上すると横当島に近づき、さらに夏至付近では横当島を追い越す。横当島をこえて右側に沈む夕日が見たければ夏至前後に奄美最北端の笠利崎へ行こう。夏至前後の笠利崎からなら横当島と上ノ根島の間に沈む夕日が見られるよ。

 <--奄美大島探検マップへもどる