「 龍の目の光/ 鹿児島県大島郡龍郷町円(えん)
 photo & text by RyoBeppu / www.amamicco.net

龍郷町の円(えん)にあるとても短いトンネル「かがんばなトンネル」。この短いトンネルには、春と秋に夕日が入る。その瞬間を初めて見た時、岬の岩が大きな生物に見え、トンネルの穴がちょうど目のようだった。それでここは龍郷町だから龍に例え、龍の目と呼んだ。

龍の目に夕日が入るのは、春と秋、それぞれ約2週間ずつ。春は2月終わりから3月初めまで、秋は10月初めから中頃まで。もちろん水平線までクッキリ晴れてなくてはならない。晴天に合わせて見に行ったけれど、水平線に雲があって見られなかったということもしばしば。そこはもう運頼みだ。

鑑賞スポットは、円集落をはさんでトンネルの対岸。トンネルから離れるほど夕日は大きくなり、トンネルにピッタリおさまる。日没地点が日々変わるので、鑑賞ポイントも合わせて動いていく。初めての際は周囲の人に話しかけて「本日の鑑賞ポイント」を探りましょう。ちなみに鑑賞ポイントを推測する際は、トンネルの岩場に夕日が隠れる位置が重要となります。トンネルに向かって、トンネル1個分ほど左側に夕日を沈ませると、ちょうどイイ感じに夕日はトンネルに現れるでしょう。Good Luck !

なお、龍の目ばかりがクローズアップされるようになりましたが、もともと円の周囲は夕日スポットであります。広々とした東シナ海を照らしながら水平線に夕日が沈む、夏の姿もオススメです。さらに季節に関わらず、真夜中にはたまに月も入っていることを最近確認いたしました。星夜にこっそり目を覚ます龍の姿は非常にまれでありますが、レアだけにより神秘な雰囲気に包まれています。

<< 奄美大島探検マップへもどる