加計呂麻(かけろま)から更に南に位置する請島(うけじま)と与路島(よろじま)。古仁屋から出る定期船せとなみに乗ると、一番最後に着くのが与路である。島には与路集落ひとつだけ。ひとつの島にひとつの村、そしてひとつの学校がある。昔ながらのサンゴの石垣が残る与路の道は徒歩で散策するのにちょうどいい。車は船の送り迎えで見かけるくらい。静かにゆったりと流れる時の中に身を置くことができる。奄美より加計呂麻、加計呂麻より請与路と、時の流れは穏やかになる気がする。のんびり落ち着ける島だが、請島同様、与路にもしっかりハブはいる。奄美はどこでもそうなんだけど、どんな時もハブのことだけはどこか気にとめておいて。

>>円周魚眼で広々ビュー

 <--奄美大島探検マップへもどる