空港から南へ向かって車を走らせると、笠利町から龍郷町に入ろうとするところに峠を下る直線道路が現れる。そこが用安(ようあん)集落、もう少し先に行くと神の子(かみのこ)集落だ。用安と神の子の二つの集落が面する海は広く珊瑚礁のリーフに囲まれており遠浅で波静か。海水浴にはもってこいの場所。シャワーや更衣室が必要なら「ばしゃ山村」へ。コインシャワーがあるし、海を眺めながらレストランで食事もできる。美しい浜が長く続くので、どこでも好きな場所で泳ぎたいなら、ペットボトルに水を入れてバスタオルまで用意すればOKでしょう。用安・神の子・東海岸(ビラ)・手広と続く湾は南向き。夏の夜は、水平線から天の川が見事に立ち上がる。冬は日の出、夏は月の出もね。

>>夏の用安 >>夏の神ノ子 >>夢紅&PARADISE+inn >>円周魚眼で広々ビュー

 <--奄美大島探検マップへもどる