夕刻の水平線 2020/12/21


--相変わらず雲が空を覆う日が多い今年の12月。夕方、カレンダーの追加納品をしながら、空港方面からの帰り道。雲の向こうの水辺線にだけ、夕色の光がこぼれておりました。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→