砂たっぷりの大浜 2020/12/17


--11月9日の写真日記を見たらわかるように、物凄く砂が減っていた大浜海岸。その後、砂の補充工事が行われて、たっぷりと砂が入りました。今はまだ波が届く範囲で、砂浜に段差ができていますが、そのうち冬の嵐や台風で東シナ海から大波が寄せてきたら、上手いこと慣らされてイイ感じになることでしょう。ちなみに持ってきた砂の出所は、小宿港の航路が浅くなっていたのを深度確保のために掘った砂ということで、近い場所で要らない砂が要る場所に移動されて、お互いにちょうど良かったですね。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→