2021まんまる奄美カレンダー 2020/10/6


--まんまる奄美カレンダーの2021年版が出来上がり、印刷発注できました。A2サイズの大きなカレンダーですので、大きく飾って眺めてみたい写真を中心に作りました。表紙はサンゴ礁の海を泳ぐウミガメ、1・2月は長雲峠から迎える夜明け、3・4月は瀬戸内町西方の海岸線から眺めた諸鈍手前の大島海峡、5・6月は湯湾岳のふもとの渓流で見上げたシマオオタニワタリが印象的な亜熱帯の森、7・8月は夏の国直海岸で感じたまぶしい波うちぎわ、9・10月は星が輝く赤尾木から芦徳のクレータービーチに雷雲が光を放った夜、11・12月は砂浜にアダンの影が心地良い陰影を描く大浜海岸となってます。今月末には完成品が届く予定です。仕上がりが楽しみです。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→