ウミヘビの戯れ 2020/7/26


--泳いでいたらウミヘビがやってきて、大人しい性格だけれど娘が怖がってるからそうっと離れようとしたのですが、岩の隙間に顔を突っ込んでいる隙に離れても離れても何故かコッチを探して付いてくるウミヘビ。不思議なほどに寄ってくるので私も平常心平常心と自分に語りかけるほどでしたが、彼が僕と息子の間に向かって息つぎで上がってきた時、海面に顔を出した時に異変に気付いたらしく、今度はウミヘビの方が大慌てで急いでピューっと逃げていきました。もしかしたら我々を流木か何かとでも思っていたのかな。好奇心旺盛なのはいいけれど、ちょっとドキドキした。でもまあ結構長いこと一緒に泳いで改めて確信したことは、ウミヘビはやっぱり温厚な性格だということ。捕まえでもしない限り噛んでこないだろうから、近寄ってきた時は慌てずにゆっくり眺めるのが良いでしょうね。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→