ブラックな家 2020/7/8


--海底の空き缶。拾おうかなと思ったら誰かが住んでいました。君の家だったのね。無糖でブラックな家。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→