サンゴ礁に梅雨の雨 2020/6/5


--今日は久しぶりに梅雨らしい日。朝から激しく雨が降っている。昼前、不意に雨が止んだので、ちょっと海に出てみた。大潮で大きく引いたサンゴ礁の海へ。潮だまりから潮だまりへと散策していると、やっぱり雨が降ってきた。もちろん雨具は持ってきていない。帽子くらいかぶってきたら良かったかなと、髪に雨が落ちるのを感じて思ったけれどもうしょうがない。しばらくして頭から雨が滴り落ちるようになると、それも気にならなくなった。そういえば子供の頃は傘を持っていても学校帰りは濡れて帰ったっけ。あの感じを思い出した。ちょっと濡れるのは何か嫌だけど、ザブンと濡れてしまえば不思議と平気なのだ。風も無く静かな海面に次々と降り落ちる雨。ああ、なんかいい。一眼レフ持ってくれば良かったなと思いながら防水コンデジを構えた。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→