9月末のかくれ浜 2019/9/28


--先月、干潮潮位20cmほどでも「かくれ浜」が顔を出していたので、もしかしたら今月末も出るのではないかと、大潮干潮に合わせて「かくれ浜」を訪ねてみました。今回は夏を惜しむ子供たちと一緒に。かくれ浜までは海の中を10分ほど歩くし、深いところは大人の胸あたりまで海に浸かるので、子供たちは浮き輪に乗せてロープで引っ張っていきました。沖に到着するとさざ波の中に少しだけ「かくれ浜」が顔を出していました。とても大きく潮が引く春の日から夏に向かいながら潮の引きはだんだん小さくなっていきます。夏を過ぎて秋に向かうと潮の引きはますます小さくなります。そんな中で姿を現した「かくれ浜」、昼の光の中で次に会えるのは来年かな。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→