打田原 2019/8/29


--打田原ビーチ。小さな子供でも背が届くほどの浅い海中を、ずっと徘徊して回る尾の長い銀色の魚。海面に漂いながらそれをずっと眺める。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→