夜明けの奇跡 2017/8/7


--台風5号が最接近していた一昨日、5日の夜、私はiPhoneの画面を見つめながら自らの油断を悔いていました。台風の移動スピードが遅かったために4日・5日・6日と欠航した奄美〜鹿児島間の飛行機。そうなれば7日以降の予約がいっぱいになるのは目に見えています。それなのにハッ!と気付いてJALのサイトにアクセスした時には遅すぎました。ガーン。9日まで予約でいっぱい。もうキャンセル待ちしかありません。旅程をスライドできれば良かったのですが、12日に弟の家のお祝いがあったので、帰りは11日の最終便で固定。すなわち出発日が遅くなるほど滞在日数は短くなり、今回無理して行く意味すら失われてしまいます。しまったなーと自分の不手際を後悔しました。あー過去に戻りたい。後悔先に立たずとはこのことです。そして6日の早朝。目覚めるとやはりiPhoneを手に何とはなしにJALのサイトにアクセスしてしまいます。奇跡的に空席無いかなと淡い期待を抱き、寝ぼけ眼で開いた7日の鹿児島行き。ん?あ?え?5!。飛び起きました。机に走りMacで改めて予約ページをオープン。空いてる!何故か5席空いてる。タップして予約画面へ。どうしてそのままiPhoneじゃなくわざわざMacで開き直したかって!それは昨夜のうちに家族の情報をグループ保存してあったからMacからならタップ一発で同伴者の入力も完了するからでい!なんて頭で自己解説しながら予約完了いたしました。次の瞬間には残っていた1座席も消え、再び7日の鹿児島行きは全便満席に。最近で一番後悔した夜と高揚した朝と共に手にした座席。その飛行機にいざ乗ってみたら、当日空席待ちの人がみんな乗れた上でまだ10席ぐらい空いた状態で離陸しました。今日は臨時便が飛んだので、それに乗り換えた人もいるのかもしれませんが、台風直後の飛行機は予約が取れなくても当日キャンセル待ちで乗れちゃうのかもなと勉強になりました。

撮影地「飛行機」


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→