マングローブ / 鹿児島県奄美市住用町石原〜役勝
 photo & text by RyoBeppu / www.amamicco.net

奄美大島中部、太平洋側、住用(すみよう)川と役勝(やくがち)川の下流に広がるマングローブの森。潮が引くと干潟になり、満ちると海になる場所は、植物が苦手とする塩水に浸される。メヒルギやオヒルギを中心とするマングローブの植物たちは、成長速度が遅く、他の植物たちとの日照権争いに負けてしまう中、海になる場所という新天地を見つけたわけです。

川の下流で海とつながる場所にあるので、マングローブではカヌーツアーが楽しめます。

潮が引くと広大な干潟が現れ、カニ類やトビハゼなどが見られます。片方のハサミだけが大きいシオマネキが、潮を招くようにハサミを振る様子は可愛らしいです。

横ではなく前に歩くカニもいます。干潟に集団で現れるそのカニの名はミナミコメツキガニ。夏はグレー、冬はブルーに体の色を変えるのも特徴ですが、一番の特徴は集団で現れるのに見つけにくいこと。遠目に見えた気がしても近付くと全くいません。ドリルのように回転してあっという間に砂や泥の中に潜ってしまうのです。

マングローブ原生林や周囲の山々からは鳥の声も響いてきます。ピロロロロロロロロロと美しい音色が聞こえてきたなら夏鳥のアカショウビンです。自然の音に包まれる干潟の森。それが住用のマングローブです。

<< 奄美大島探検マップへもどる